便秘が改善する?トイレの足置き台Squatty Pottyがおすすめな理由

Blog
    ~こんな人におすすめだよ~
  • 便秘を解消したい人
  • 快便を目指している人

Squatty Pottyとは?

Squatty Potty The Original Bathroom Toilet Stool

Squatty Pottyとは洋式のトイレでも和式のようにしゃがんだ状態で排便ができる、便器の足元置いて足を置く台のことです。

むぎ家では何年もまえから使っている台で、結構前からあるので見た方はいるかと思うのですが、とってもおすすめなのでご紹介したいと思います。

アメリカ版マネーの虎、アメリカの人気番組Shark Tankに出てきた、トイレの足置き台 Squatty Potty

初めてSquatty Pottyを見たのはこのアメリカ版マネーの虎、Shark Tankという番組でした。

Shark Tank は日本のマネーの虎のアメリカ版で、ビジネスアイデアを持ってきた挑戦者が5人の投資家、社長=Sharkに挑戦し、採用されれば投資してもらえるというもので、知っている人もいると思いますが、日本の番組から来ています。

このShark Tankは日本版とちがってセットは豪華で華やかで、洗練された感じで日本版からだいぶアップデートされたなあって感じです。

Squatty Pottyはこの番組から有名になった製品の一つです。

当時、洋式なのに和式のように用をすます事ができる台なんだあ。ふーん。ぐらいで見てました。

結局、ほとんどのShark達はジョークだと思って笑ってましたが、一人のSharkが出資するという方向でその回は終わりました。


そして、そのSquatty Pottyは今やなんと20か国の国に売れ、450万個も売っていて、175 million dollerもの売り上げを上げている会社に育ったらしいです。
すごい、これぞアメリカンドリームおすなあ。


このエピソードは鮮明に覚えているんです。

なぜかというと、日本はだいぶ前から和式から西洋式にトイレを変えようとしてますよね。

それなのに、西洋は今和式に向かおうとしてんの?と思ったからです。

和式は時代遅れだと思ってた

自分が小さい時は自分の周りは洋式があたりまえだったのですが、山にハイキングに行こうってなるとそこのトイレは汲み取り式のトイレがあったりしたんですよね。


和式でも水洗ならいいのですが、汲み取り式を使うのは子供ごころにやっぱり抵抗がありました。

あの、何か出てきそうな真っ暗な穴、匂いもきついっていうのもそうですが、あの下に黒く見えない何かをまたがないといけないのはホラー映画のようですごく怖かったのを覚えています。


しかし、時代とともに汲み取り式はもうほとんど見る事もなくなり、しかも、水洗でも和式スタイルというしゃがむトイレそのものがなくなってますよね。

自分が小さい時は学校や駅とか商業施設ではまだ和式があったけど、段々と見かけなくなり、なんとなく勝手に和式スタイルは時代遅れだから、日本は洋式に変換しようとしてるんだなあと感じていました。

気が付いたら日本も洋式トイレばかりになってた

最近、日本って洋式トイレがすごく増えたよね~。

自分が子供の時と比べても駅や商業施設での洋式トイレ率がかなり増えたと思います。

私はその理由が外国人観光客なんだろうなと思ってました。

日本の和式トイレは外国人観光客が来日した時に戸惑う事の一つであるとよくテレビとかで聞いていたからです。


”使い方わかりませ~ん。”
”え~スクワットするの?”
”やったことありませ~ん。”
(子供の時はなんでそれぐらい分からないんだろうって思ってました。ズボンおろしてしゃがむだけじゃん?)

とまあ、こういう声が洋式化への後押ししたんじゃないかなあって。

グローバリーゼーション目指している日本に和式トイレなんざ時代遅れ!
時代は洋式じゃあ~!ってね。

だもんで、和式=汲み取り=しゃがむ=時代遅れの代物という図式が自分の中にあったし、日本の施設が洋式に向かっているのはそりゃあ、そうだよねえ~、って感じに思ってました。


それなのに、Shark Tankの番組をみてたら、洋式の人間が逆に和式に向かおうとしてるとな?

え~?そうなん? 

和式人間は洋式目指して頑張ってんのに、洋式人間は和式に戻ろうとしている?

え~?こっちは一生懸命和式を取り払ってんのに? 肩透かしというか、なんか裏切られた感じがしたのです。(おおげさ)


Shark Tankの番組で言ってたのですが、世界人口の3分の2の人間がしゃがんでするのだそうです。
で、気づいたんですよね。

使い方が分からないという外国人観光客というのはだいたいヨーロッパの人達だということ。

アジアやインドとか大部分の人達には問題じゃなかったということ。


なーんだ、実は洋式の方がマイノリティなんじゃん。

(子供のころは和式っていうぐらいだから日本ぐらいしかやってないとさえ思ってた。っていうか、世界規模でしゃがんでるんなら、なぜ和式って言うの?和式っていうとまるで日本人しかしゃがんでないかのように誤解してまう。)

ということは、和式自体気にする必要ないってことなんじゃ?

使い方が分からないって、ようするに西洋人が無知だったってだけじゃない?
な~んだ。

和式=時代遅れ、なんとなく日本のトイレは時代遅れって責められてるような感覚に勝手になってたんですよね~。

清潔なのはどっち?

洋式の方が清潔だから変わったんだよっていう人もいます。

洋式は、床を綺麗に保つことができて、そのまま足や靴の裏にばい菌が付くことなく外にいけると。

それでも、未だに和式が完全にはなくならないのは、根強い和式派がいるからでしょう。

和式派の人は他人が座った便座に座りたくないから和式がいい。

反面、和式は床に水などが飛び散りやすいから床が汚い、洋式の方が清潔に保てるっていう人もいる。

私がアメリカである公園のトイレに入った時の事。
入ってすぐに衝撃が走ったことがあります。
便座がめちゃくちゃ汚いのである。
これは、えへっ、ミスちゃった。
っていうレベルの汚さではない。
泥だらけの靴で便座に上ったのか、もしくは、わざとあれを塗りたくったのかぐらいの汚さだった。
いくつかあった個室を全部みたけど、どれも同じような汚さだった。
どうしよう。
これでどうやって座れと?便座に足を乗せたらできる?とも思ったけど、ぐらついて不安定そう、めっちゃ危なそう。
それに、もしこれがあれの方なら絶対に上りたくない。
ああ、もう、どうすればここまで汚く使えるのか、教えてくれ。

諦めて家までめっちゃ我慢しました。

あのときほど和式トイレを望んだことはありませんでした。

あれなら、汲み取りさんの方がまだましだと思った。

後で聞いたら、やっぱり野外は汚く使う人がいるからたまに便座に上る人もいるということらしい。

それ聞いたらよけい便座に座るのが嫌になる。

正直、あそこまで汚いトイレは日本でもまずお目にかからない。

この一見で洋式に対する、洋式の方が綺麗に使えるという意見にどうなんだろうと思うようになりました。

いや、でも、汲み取りさんでも床があれで汚れてたら一緒か。うーん。


あれ以来、しばらくアメリカの野外トイレに行くことを躊躇するようになりました。

でも、まああそこまで汚かったのはあの公園のトイレ、もしくはイベントか何かの簡易トイレの時ぐらいだったかな。

最近はここまで汚いトイレは見てないです。

公園もそうだし、ハイキングコースのトイレもわりと新しくてきれいで常に清掃されていてますよ。

Squatty Potty The Original Bathroom Toilet Stool

長くなったので、次の記事に!

他の人気のSquatty Pottyを見てみる!